スマートメーターに交換されてますか?

 

こんにちは!

本日は「スマートメーター」ってよく聞くけどいったい何!何なの!何が変わるの!

という疑問にお答えしたいと思います💡

 

スマートメーターとは

 

スマートメーターとは電気使用量をカウントする電力メーターのことです。

ここ数年で電力会社が従来のアナログメーターから「スマートメーター」に取り換えています。

スマートメーターは電気使用量をデジタルで計測するといった通信機能が備えられており、遠隔操作などが可能となっています。

2024年度には100%普及を目指して切替が行われています。

既にメーターが切り替わっている場合もあります!

 

スマートメーターの特徴と機能

 

  • 通信機能がある

    スマートメーターは電気使用量データを通信機能を使って送信して受け取った送配電事業者から小売電気事業者に通知しています。
    今までは月に1度、検針員の方が検針の為に各家庭やオフィスを訪問していましたが、スマートメーターになると自動検針と電気使用量のデータ通信が可能になるため、訪問作業が不要になります!
  • 30分ごとに電気使用量を計測できる

    これまでは毎月、検針日のタイミングで電力会社が各ご家庭に訪問し、電力メーターの数字を読み取って電気使用量を計測していました。
    スマートメーターはご家庭やオフィスの電気使用量を30分毎に計測しています。電力消費の多い時間帯や少ない時間など細かい使用量の把握が可能になります。
  • ブレーカー機能を持つ

    スマートメーターには、内部にブレーカー機能が搭載されています。
    従来の分電盤に設置されていた、アンペアブレーカーはスマートメーターが導入されると撤去される場合もあります。(電力会社により異なります。)

  • 表示がデジタル式

    デジタル式で表示されることも大きな特徴です。
    しかし、デジタル式のメーター全てがスマートメーターという訳ではありません。通信機能を持たないデジタル式メーターもありますが通信機能を持つメーターだけをスマートメーターと言います。

 

スマートメーター設置で変わる事は?

 

スマートメーターの設置により、変化することは何があるのか気になりますよね!!

・離れて暮らす方を見守ることが出来る

スマートメーターが30分毎に計測する電気使用量のデータに異変などがあった場合に契約者に連絡したり、電気使用量の少ない時間帯があった場合に訪問するなどのサービスがあります。(一部電力会社のみ)

他にも、お子様が帰宅してテレビをつける・電気をつける等電化製品を使うと消費量が増加します。

この通知を受け取ることでお子さんが帰宅したかを確認できます!

 

・節電などの計画を立てやすくなる

電気使用量が見える化されることで節電などの計画が立てやすくなります。

ほぼリアルタイムでの電気の使用量が分かるので、最適なプランを選びやすくなり節電・節約に繋がります💡

生活パターンに会った料金プランなどを提案されるとよりお得な料金で電気を使う事が可能になるのは嬉しいですよね!

 

スマートメーターのメリット

 

  • 訪問による検針が不要

    従来のアナログ式電力メーターを使っているばあいは、月に1度の検針が必要でした。
    しかし、スマートメーターになると通信機能により遠隔での検針が可能になります。検針員の方が敷地に立ち入ることも無くなるので防犯面でも安心ですよね!
    電力会社としても人件費削減につながるので大きなメリットになります。

  • アンペア変更が簡単に

    引っ越しや消費電力の大きい家電を導入するなどでアンペア数を変更するケースがあります。
    これまではアンペアブレーカー自体を取り換える必要がありましたが、スマートメーターであれば遠隔操作でアンペア数を変更することが可能です。
    原則として作業の立ち合いなども必要ありません。

  • 復旧が早い

    先ほどお話した通りスマートメーターの内部にはブレーカー機能が搭載されています。
    電気を使いすぎて停電状態になった時約10秒ほどで自動復旧します。
    今までの場合は手動で元の位置に戻すことで電気が復旧していましたがブレーカー機能があればすぐに復旧します。

 

スマートメーターに切替える方法は?

 

スマートメーターに切替えられるタイミングはいつなのでしょうか。

  1. 従来の電力メーターの検定有効期間が満了した場合

    電力メーターは法律により使用できる期間が定められており、一般的に電力期間は10年となっています。
    期間満了のタイミングでスマートメーターに交換されます。

  2. 電力会社を変更した場合

    2016年4月からの電力の自由化に伴い新電力会社に契約を変更した場合もスマートメーターに交換されます。
    新電力会社にすると明細が発行されないというのはこのスマートメーターによるものです。スマートメーターになるとPCや携帯から使用量を確認することが可能になります。
    また、新電力会社でも紙明細発行可能なところもありますのでスマートメーター=明細が無いという事ではありません。

  3. その他

    その他にも家を新築した場合などもスマートメーターが設置されます。
    2024年度には100%普及を目指しているので順次交換されます。そのため上記に当てはまらなくても交換されます。

 


 

スマートメーターについてわかりましたでしょうか?

デメリットが無いスマートメーターです💡

料金だけではなく使用時間帯など見える化によって最適プランなどが選びやすくなりますのでぜひ新電力もご検討ください!

ご相談はいつでも受け付けております!

 

【Ecoground】

エコグラHPリニューアルしてますのでぜひご覧ください!
https://ecogura.com

 

新潟県・新潟市のコスト削減,コンサルタントです。
新電力の比較・仕組みはお任せください!
評判の良い口コミで広がる商品やサービスも多数取り扱っています。

 

営業支援サイトBizリッチこちら
当社求人サイトはこちら
サービス・商品一覧はこちら
Twitterはこちら

 

スマートメーターに交換されてますか?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

前の記事

託送料金とは??

次の記事

発送電分離